体臭の原因となる食事について-体臭

加齢臭の悩み 加齢臭の原因と予防・対策最新情報

体臭を発生させやすい食事について説明しています。

加齢臭コラム体臭

体臭の原因となる食事について

焼肉、ステーキ、ハンバーグ…と多くの肉料理を食べることが多くなった日本人。動物性タンパク質の多い料理を食べることが、体臭を引き起こす原因になっています。肉には脂肪や動物性タンパク質が多く含まれているため、皮脂腺からの皮脂の分泌が多くなり体から臭いが出てしまうのです。


また、動物性タンパク質などに加え、チーズや牛乳などの乳製品を摂ることも体臭を引き起こす原因になります。従って、動物性タンパク質の多い肉料理や脂肪が多い料理を食べる回数を減らすことが体臭を抑えることに繋がります。加えて、ポリフェノールやビタミンC、ビタミンEなどを多く含む素材を使った料理を食べるようにすれば、臭いを抑えることができるでしょう。


脂肪の多い料理や肉料理をあまり多く摂ることは、体の臭い以外にも高血圧や糖尿病などの生活習慣病の原因にもなりますので、十分に気をつけてください。元々日本人はアメリカやヨーロッパの人たちに比べ体臭が弱いとされています。


加えて体の臭いが抑えられていたのは、和食中心の食事にあります。従って、食事を野菜と魚類の多い和食に変えることで、体の臭いを抑えることができるでしょう。食事は体の調子に大きな影響を及ぼします。そして、体の調子が体臭の原因になります。自分が食べる料理の内容を十分に吟味することが、体の臭いの抑制のために非常に重要な手立てとなるのです。

スポンサードリンク

Copyright 2008-2013 加齢臭の悩み 加齢臭の原因と予防・対策最新情報 All Rights Reserved.