加齢臭の嫌な臭いの原因とは-加齢臭 原因

加齢臭の悩み 加齢臭の原因と予防・対策最新情報

加齢臭の嫌な臭いは何が原因で発生するのでしょうか?

加齢臭コラム加齢臭 原因

加齢臭の嫌な臭いの原因とは

加齢臭は嫌な臭いとして知られていますが、よく例えられるのは「ブルーチーズ」や「ろうそく」のような臭いです。しかし体臭とは全く異なる臭いで、加齢臭と体臭が混じり合うとかなり刺激の強い臭いになることもあります。


ではそのような加齢臭が発生する原因とはどんなものでしょうか?加齢臭は「ノネナール」という脂肪酸が原因で起こるということが判明しています。体内でパルミトオレイン酸という脂肪酸が酸化を起こし、分解することによって「ノネナール」が生成されるのです。そして40代前後から体内の「ノネナール」量が増加して加齢臭がするようになってきます。


「ノネナール」は若い頃には少なく加齢臭はしません。これは体内の老廃物が少ないことなどによります。また日本人の体質の変化も要素の一つとして挙げられます。これまでは和食のような魚や野菜中心の食生活であったのが、西洋化してきた歴史から高タンパク、高脂肪の食生活へと変わってくることで日本人が体臭のでやすい体質へと変わってきているのです。


加齢の他にも「ノネナール」が増加していく原因はあります。それはストレス、喫煙、飲酒といったものです。これらのことから発生する体内に悪影響を及ぼす活性酸素によって「ノネナール」が増加するということが解明されています。加齢臭の改善には、健康的な生活を送ること、ストレスを回避・解消すること、そして抗酸化作用のある食べ物を摂ることが効果的です。

スポンサードリンク

Copyright 2008-2013 加齢臭の悩み 加齢臭の原因と予防・対策最新情報 All Rights Reserved.