口臭と加齢臭の関係

口臭が原因となる加齢臭について説明しています

加齢性の口臭

中高年に特に多い加齢臭ですが、体から発せられるにおいだけではありません。加齢が原因になっている口臭があります。唾液の分泌が減ってくると口の細菌が増え、虫歯になりやすい口内環境になってしまいます。この唾液の分泌は年齢とともに減少してきています。

20代からすでに始まります。ストレスがたまりやすい人や喫煙している人などは特に唾液の分泌が減りやすくなっています。あとで気が付いた時にはすでに、加齢性の口臭になっていることにもなりかねません。早い段階から気をつけたいものです。加齢性の口臭だからとほおっておいても良くなるわけもありません。

唾液が少ないと歯の病気だけでは済まなくなってくるかもしれません。しっかり予防をするようにしましょう。口の中にたまってしまった細菌がそのまま残り、虫歯になってしまいます。 それだけではなく、そのまま胃の中に流れ込むと胃腸の病気になってしまいます。

寝ている間は特に気をつけなくてはいけません。起きたら口の中がねばねばする時にはそのままにしないで、磨くようにしてください。虫歯がないかどうかを三か月か半年に一度検査をしてください。口臭対策だけではなく病気の予防にもなります。まずは口内環境をよくしていきましょう。

加齢臭ワンポイント

Copyright 2008-2013 加齢臭の悩み 加齢臭の原因と予防・対策最新情報 All Rights Reserved.