加齢臭の悩み 加齢臭の原因と予防・対策最新情報

加齢臭の原因や予防など加齢臭に関する知識をお伝えします。また、加齢臭に効果のある石鹸やシャンプー、香水、グッズなどの最新情報も掲載します

加齢臭

加齢臭について

加齢臭は英語でエイジングノートといいます。資生堂が平成12年に発見して加齢臭と呼ばれるようになりました。40代以降に発生することが多い中高年に特有の体臭なのですが、発生する年齢は個体差があり20代後半で臭いがでる人もいれば60代になっても加齢臭がでない人もいます。加齢臭の原因は「ノネナール」という物質が関与しているようです。「ノネナール」は皮脂腺の中に存在するパルミトオレイン酸が過酸化脂質と結合することで発生します。加齢臭といえば中年男性というイメージがありますが、女性も加齢臭がでます。ただし、女性の場合は男性よりも体臭に敏感で様々なケアを行っています。清潔に保とうとする意識が強いので男性よりも加齢臭を感じさせないのでしょう。当サイトでは、加齢臭や体臭・口臭・わきがなど臭いに関する基本的な知識をはじめ、加齢臭対策や予防、加齢臭に効果のある商品などの最新情報をお伝えしていきます。

加齢臭の原因

加齢臭対策!備えあれば憂いなし!?

歳をとれば誰にでも迫り来る加齢臭。加齢臭はしょうがないと開き直って何もせずに諦めるのも寂しいですね。自前に加齢臭対策することで加齢臭を軽減することはできます。そこで今から始められる加齢臭予防対策をご紹介します。加齢臭の臭いの正体ノネナールの原因物質である体内の活性酸素を抑制する食品を日頃から心がけて摂取すること、つまり抗酸化が作用のある食品を摂取することが加齢臭予防対策になります。抗酸化作用を発揮する成分としてビタミンC、ビタミンEがあげられます。ビタミンCやビタミンEを含む抗酸化効果のある食品といえば、緑黄色野菜や果物です。その他にも芋類や豆類にも多く含まれています。緑茶にもビタミンCが含まれていますね。抗酸化作用のある食品を摂取する以外にも対策はあります。加齢臭の臭いのモトとなるノネナールは皮脂中の過酸化脂質が原因です。皮脂中の過酸化脂質を減らす為には、脂質の酸化を防ぐことが必要です。脂質の酸化を防ぐ為には、脂っこい食べ物は控える・活性酸素の発生の原因となるアルコールの摂取も控える・喫煙をやめるなどです。そして、ストレスも加齢臭の原因となります。日頃からストレスを溜めない・ストレスを感じたら上手に発散する方法を見つけましょう。リラックスして規則正しい生活習慣を心がけることが加齢臭予防対策になるのです。

加齢臭の臭いって何?

加齢臭が気になるようになってきても、その認識を深めることで緩和することができます。加齢臭という言葉は最近ではかなり一般的に認知された言葉で、その内容も多くの人が知るところになっています。ご存じの通り、年齢が行くにつれて体から出る嫌な臭いのことを加齢臭とよんでいます。この臭いは若い頃には出ていなかったものが出てくることで、家族や身の回りの人から指摘されて気づくこともあります。老化現象とも言われている加齢臭ですので、加齢臭であることが分かると自分の年齢への過信から、落ち込む人もいるでしょう。この加齢臭の原因となるものが「ノネナール」であるということが資生堂の研究によって判明しました。そしてその際に年を取ることによって発生してくる臭いということで「加齢臭」という名前がつけられたのです。ちなみに英語では「エイジングノート」と表記されます。繊細な感性の日本人には加齢臭は少なからぬ衝撃があったのは事実でしょう。加齢臭の対処関連の商品は注目を浴びており、シャンプーや石鹸などの洗浄剤から、消臭剤・デオドラント系の芳香剤、或いは体内から加齢臭がでるのを抑制するサプリメントのようなものまでが現れてきています。誰しもが歳を取っていったならば経験する加齢臭ですから、それに対しての正しい知識を持って予防する、或いは対策を立てるなどの必要があるでしょう。

加齢臭と病気の関係

加齢臭そのものは病気ではありませんが、疾病に伴って加齢臭が発生したり、或いは加齢臭と誤認されてしまうものもあったりします。例えば、わきがや多汗症というものは体臭が強く感じられる点で、加齢臭と似通っています。しかしその原因は加齢臭とは異なるものなので、病院で診断を受けてみて加齢臭なのかどうなのかの判定を仰ぐ必要があります。というのはストレスによる発汗や、甲状腺異常、ホルモンバランス失調などによる発汗などは加齢臭とは異なり体自体の異常が原因で起こることなので注意する必要があるのです。もちろん、体を動かすことによる発汗や気温の高さによる発汗などは全く問題ありません。足からの臭いが加齢臭かどうか気になる場合は、水虫の可能性もあります。水虫の発生場所は高温多湿な状態で、発汗することも多く臭いも出やすい場所です。臭いが強いようならば皮膚科で診てもらう方がよいでしょう。そして加齢臭そのものが強くする人の場合は、生活習慣病に注意しなければなりません。高タンパク、高脂肪の食事の摂取、運動不足、不規則な生活習慣といった事柄は、そのまま加齢臭を悪化させる要因に他なりません。そしてこういった事柄は同時に高血圧や動脈硬化を引き起こす原因でもあるのです。加齢臭の対策だけとしてではなく、生活習慣の改善は体そのものにも大変重要なことなのです。

スポンサードリンク

加齢臭/携帯版

加齢臭 ワンポイント

Copyright 2008-2013 加齢臭の悩み 加齢臭の原因と予防・対策最新情報 All Rights Reserved.